こちらは Unity Blog の記事をベースにした日本のお客様に向けた抄訳となります。


新しい Unity Reflect がリリースされました。新しいバージョンで、以下のような改善が行われています。

  • SketchUpとRhinoのプラグインをリリース
  • Android ビューアの公開
  • Unity 2019.3との互換性対応
  • その他バグ修正

現在、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)コンテンツの60%はUnityを使用しています。そういった状況の中で、建築、エンジニアリング、建設(AEC)業界で、VRやARを使ってリアルタイム3Dを容易に実現できるように Unity Reflectをリリースしました。今年はじめのリリース以来、多くの皆様からフィードバックを頂き、今回 Unity Reflectの新機能と改善点を発表することができました。

では、新しい機能についてご紹介しましょう。

SketchUpとRhinoのプラグイン

Unity ReflectはすでにAutodesk Revitと統合されており、リアルタイムのBIMを可能にし、Autodesk製品とUnityの間で完全なデータの相互運用性を実現するという取り組みを強化しています。そして、AEC業界をさらにサポートするために、SketchUpRhino用のプラグインを追加しました。

これにより、AEC業界では、Revit、SketchUp、RhinoのモデルをUnityに転送してリアルタイムエクスペリエンスを作成したり、高度にカスタマイズ可能なリアルタイム3Dアプリケーションを構築したり、更に、さまざまなデバイス上で没入感のあるインタラクティブな方法つまりVRやARを使ってでレビューを実施したりすることができます。

今回発表した Unity Reflect では、2019年リリースのSketchUpとRhino 6をサポートしています。

Android用のReflect Viewer

Unity Reflectの iOS、PC(VRを含む)ビューアを使って、クライアントやユーザーが、ライブリンクされたモデルをリアルタイムでレビューする事ができます。そして今回、Google PlayストアのAndroid版ビューアがリリースされ、どのデバイスからでも同じようにBIMデータとリアルタイム3Dデータのライブリンクを実現できるようになりました。Revit、SketchUp、またはRhinoで変更を加えるたびに、ビューアで更新されます。新たなプラットフォームへの対応は、コラボレーションをさらに向上させ、ユーザーは好きなデバイスで同時にビューアにアクセスできるようになります。

Unity Reflect Viewer for Android は Google Play からダウンロードしてご利用いただけます。

Unity 2019.3との互換性とバグフィックス

Unity 2019.3リリースでは、新しいエディタインターフェイス、入力システム、エディタ内の繰り返し作業の高速化などの新機能がUnityにもたらされました。そして、今回のアップデートにより Unity Reflect (パッケージ)は正式にUnity 2019.3との互換性を持つようになりました。もちろん、今後も長期サポート(LTS)版のUnityとの互換性を維持します。

また、新しいUnity Reflectリリースには、多くのバグ修正と改善が含まれています。バグ修正の全リストはリリースノートに記載されています。

インストーラの向上

ユーザーからのフィードバックを頂き、今回はより簡単なWindowsインストーラーを提供することになりました。 今回から Unity Reflectは、Unity Hubを介してインストールしなくなります。 また、そのために Revit、SketchUp、Rhino用のビューアやプラグインなど、Unity Reflectのすべてのコンポーネントをインストールする「マスターインストーラー」を提供します。これにより、他の一般的なアプリケーションの管理と同じように、企業内でUnity Reflectをより幅広い方法で配布できるようになります。

尚、既存のUnity Reflect をお使いの皆さまが、Unity Reflect の最新版をインストールした場合、プラグインの追加、更新とともに、Unity Hub for Industry がアンインストールされます。そのため、改めてUnity Hub は別途インストールして頂く必要がございますのでご注意下さい。

トライアル/ライセンス 申請

2週間のトライアルライセンスの申込みですが、こちらから申請をしてください。

Unity Reflectのこれから

皆様からのフィードバックにより、様々な機能が改善されました。これからも、ユーザーからのフィードバックに耳を傾け、より多くの皆様からのご提案/ご要望をロードマップに実装しています。Unity Reflectのロードマップでは、開発中のもの、計画中のもの、検討中のものを見ることができます。あなた自身のアイデアを提出したり、提案された機能があなたにとってどれだけ重要かをぜひ投票してみてください。

NavisworksやBIM 360用のプラグイン、クラウドホスト型のUnity Reflect、URPのサポートなど、2020年以降のさらなる機能の発表が待ち遠しいです。